レアな素材でフィッシュフックを作りました

先週の大磯市でレア素材のアイテムが売れてしまい、今週は補充アイテムを作らなければならなくなり制作に奮闘中です。

手持ちのカバの牙とバッファローの角からセレクトしてシェイプを開始し、本日やっと完成しました。

カバの牙は亀裂が入りやすいので亀裂のない部分を探していい感じに仕上がりました。

 

バッファローは黒色のアジア水牛を使用しました。半透明の薄いべっこう色の素材はオランダ水牛になります。

黒色のバッファローを削った時に出る切粉は黒ではなく、白系の色になります。そして柔らかい素材のためキズ取りのサンディングにとても時間がかかります。

明日中にはウェブショップに商品を追加したいと考えていますが、27日に参加する辻堂海浜公園祭りのフリマで売れてしまうとまた忙しくなりそうです。

嬉しい悲鳴ですね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です