新しい素材のフィッシュフックネックレス

本日はウクレレのサウンドボードの外側のパーフリング用に仕入れたカリンの瘤部分を贅沢に使用してフィッシュフックを制作しました。

高価な素材なので5年近く保管していましたが、このカリンを見るたびにフィッシュフックにするとどんな感じなのかと考えて、遂に本日使用することとしました。瘤とは木の根元に近くに大きな膨らみが出来ている部分のことで、通常の木目ではなく芸術的な模様が詰まっています。いつものことですが、シェイプするまでどのような模様になるのかわからない冒険とギャンブルを楽しませていただきました。

写真を見ても不思議な模様ですね。

そして、今回は新しい結び方をしてみました。いつもの結び方よりシンプルでオシャレな気が…..

既にウェッブショップにてこの商品を販売していますので、ご興味のある方はこちらをクリックしてください。

かなり安い価格設定にしましたのでセール対象がの商品になっています。

 

では、Have a nice GW !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です