永久的に使用可能なカレンダー

先日継手の練習をしたブログをアップしていますが、実はトライアル的なアイテムとして『永久的に使用可能なカレンダー』を梅雨明けで非常に暑い本日最終仕上げをしました。

とはいってもアクリル絵の具で文字と数字を描く作業で、最近は筆を使う作業を殆どしていなかったので非常に大変な作業になってしまいました。

このカレンダーは日にちの場所を毎月入れ替えることで永久的に使用ができるというもので、サイコロ状のヒノキ材に平日は黒で日にちを書いてある面を向けて、休祝日用には黒字の裏面に赤で日にちを書いてある面を向ける使い方をします。いたってシンプルなカレンダーになります。

image image

7月のカレンダーとして、日にちを配置してみました。上には左側からSUN、MON・・SATと続きますが、月曜日から一週間がスタートしなきゃ嫌だという方は、一番上の曜日の順番を入れ替えればOKです。裏側を見るとご覧の通り黒字の裏側の赤字がうじゃうじゃになります。

また、記念日や大切な日には『日にちの上』に隙間を作ってありますので、BirthdayやWeddingと書いたプレートを挿入できる様になっています。 ちなみに、曜日を入れる各フレームサイズは30mm x 30mmで、日にちを記載したサイコロサイズは24mm x 24mm x 24mmになります。

64箇所の継手作業とフリーハンドで文字を描く作業を考えると、商品として販売するには非常にコスト高になってしまうため、我が家のレストルームの壁に天井から麻紐で吊るして使用する作品となりました。

個人的にこの作品が欲しいという方はお問合せよりご連絡をいただければ、お見積もり、納期および仕様をご返事いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください