ウクレレ、サウンドボードにパーフリングを入れました

今日はサウンドボードとバックボードを薄く削る作業とサウンドボードにホールを開けてその周りにパーフリングを入れる作業をしました。

 

まずはラウンドカッターで今回のウクレレにはφ52mmのサウンドホールを開けて、その4mm外側に2.8mmの溝を彫ります。

パーフリングの溝の深さは1.3mm程度になります。

彫った溝に接着剤を入れて象嵌細工の手法でヘリンボーンのパーフリングを入れます。接着剤が硬化したらサンドペーパーで平らに仕上げて完成です。

パーフリングを入れると高級感が出てきますね。

では、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください