• ライフスタイル
  • 装飾品

シェイビングスタンド

男性ならではの手仕事、髭剃りは皆さんどうされてますか。 私は、カミソリシェービングと電動シェーバーを今まで使用してきましたが、最近道具の拘りに目覚めて、ドイツ、ゾーリンゲン産の『メルクール』のカミソリシェーバーを昨年の1…

男性ならではの手仕事、髭剃りは皆さんどうされてますか。

私は、カミソリシェービングと電動シェーバーを今まで使用してきましたが、最近道具の拘りに目覚めて、ドイツ、ゾーリンゲン産の『メルクール』のカミソリシェーバーを昨年の12月より使用しています。

その直近まではジレット社の4枚刃のシェーバーを使用していましたが、替刃が結構高価で年間で替刃をケチっても8000円前後は使用していました。そして、風呂場に放置して置くとあっという間にミズコケが蔓延って醜い姿になってしまいます。

また、海外出張時にコンビニエンスストアーで4枚刃のシェーバーを安く購入しようとして行ってみても、殆ど置いていませんでした。香港、シンガポール、中国、ハワイ等でも見当たりませんでした。多分、複数枚刃は日本人をターゲットとした特有のものかもしれません。

ヨーロッパ出張時にカミソリシェーバーを見たのは今から30数年前でしたが、そのフォルムは素晴らしく憧れたものでしたが、今まで購入するまでに至りませんでした。それは、本格的なシェーバーを使うほど髭が多いというわけではなかったことが一番の理由です。

ある日、試算すると前述の年間8000円よりランニングコストが安く、憧れの『メルクール』を使用できるというところにも起因しています。そして、最高のエキップメントを永遠に使用できるようにと考えて製作したのが今回紹介するシェービングスタンドになります。

 
これが今回の作品になります。

ベースとポストはブラックウォールナット、そしてシェーバーとシェービングブラシのフォルダーは木材最高峰のハカランダを使用して作り上げました。見ているだけでも、最高峰のシェーバーとスタンドで楽しくなってしまいます。そして、毎日楽しく髭を剃らせていただいてます。

この手のTバーと呼ばれるシェーバーで髭を剃ると直ぐに肌を切ってしまうと言われる方が結構いますが、実は4枚刃と何ら変わりありません。自分で、シェービングブラシでシェービングソープから必要量のソープを取り出して、シェービングソープケースの下側を使用して最高の状態にまで泡立てて使用します。シェービングすると自分の髭の生え方に対して一番深ぞりのできる方向がわかって、それこそ、4枚刃以上に深剃りができたりします。

シェーバーは、一生ものと考えるとドイツの『メルクール』か『ミューレ』になりますので、ご興味のある方は検索してみてください。因みに、私はオランダから個人輸入でシェーバーのフレームを入手して、替刃と薬事法に抵触するシェービングソープはAMAZONで購入しました。

さて、今回紹介したシェービングスタンドはシェーバーのモデル、シェービングブラシ、シェービングソープケース毎にサイズが異なりますので、もしご興味のあるという方がいらっしゃいましたらこちらよりお問い合わせください。